ノロウイルスの感染経路について知る|酸性アルコールによる殺菌効果

吐瀉物の処理方法

ウイルス

家族の誰かがノロウイルスに感染してしまった際には、適切な対策を行なう必要があります。適切な対策を行なうことができなければ、家族全員に感染が広がってしまう可能性があるのです。基本的に、家族がノロウイルスに感染した時には誰かが看病するものかと思います。ノロウイルスの代表的な症状には激しい吐き気と嘔吐があり、看病する人はその症状により発生した吐瀉物を処理しなければなりません。しかし、その吐瀉物にはノロウイルスが多く含まれています。汚染された吐瀉物を処理する際には、使い捨てエプロン・マスク・手袋を着用する等、感染予防を徹底した上で処理する必要があるのです。

吐瀉物を拭き取る際には、ペーパータオルを使用しましょう。また、拭き取りを行なう時にはウイルスが飛散しないよう、優しくゆっくりと拭き取ることが大切です。綺麗に拭き取ることができたら、次亜塩素酸ナトリウムを利用して除染作業を行ないます。ノロウイルスはアルコールや高温に対して耐性を持っているため、強力な殺菌効果を持つ次亜塩素酸ナトリウムでなければ除染することができないのです。次亜塩素酸ナトリウムを使用して除染を行なった後には、最後に水拭きを行なってください。そして、使用したエプロン・マスク・手袋・ペーパータオルは一まとめに袋に入れ、次亜塩素酸ナトリウムをかけてしっかりと縛ります。そして、早いうちに処分しましょう。これが、ノロウイルス患者の吐瀉物における正しい処理方法になります。その処理は、吐瀉物が乾燥しない内に行なうことをお勧めします。吐瀉物が乾燥した場合、ノロウイルスが空気中に飛散しやすくなってしまうのです。