ノロウイルスの感染経路について知る|酸性アルコールによる殺菌効果

次亜塩素酸水の使用

辛そうな人

ノロウイルスは非常に感染力が強いだけでなく、症状も重たい感染症です。その症状というのは発熱・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢等になります。それらの症状はまとめて現れることはなく、段階的に現れてくるのです。最初に訪れる症状は、吐き気です。吐き気は感染してから最短1日で現れる症状で、基本的に1日で何度も嘔吐することになるでしょう。健康な成人男性の場合、1日で吐き気は治まります。しかし、吐き気が治まったらすぐに腹痛・下痢といった症状が現れるのです。下痢の症状では水のような便がでるようになり、それには激しい腹痛が伴います。それらの症状に関しても、健康な成人男性であれば1日から2日で治まるでしょう。つまり、健康な成人男性であれば大体3日間で自然に治る病気なのです。しかし、免疫力の低いお年寄りや乳幼児の場合はどうでしょう。

お年寄りや乳幼児がノロウイルスに感染した際には、症状が更に重たいものとなるか症状が長期的に続いてしまいます。自身が感染した時には、同じ家屋で暮らす家族に感染を広げてしまう可能性は大いにあります。自身の家族を守るためにも、感染予防は徹底しましょう。しかし、家族内でノロウイルス感染者が発生してしまった際には、その感染を予防することが困難になります。なぜなら、感染した人の吐瀉物の処理というのは、非常に難しいからです。吐瀉物を拭き取った布やペーパータオルが汚染されてしまうのは勿論のこと、目の見えない範囲への飛散も予想されます。つまり、吐瀉物を処理した部屋は全体的に除染する必要があるのです。しかし、ノロウイルスはアルコール及び高温に耐性があるため、より強力な方法で除菌しなければなりません。次亜塩素酸水であれば、それが可能です。もし、自身の家族にノロウイルス感染者が発生したのであれば、すぐに次亜塩素酸水を購入しましょう。次亜塩素酸水は、インターネットの通販サイトで手軽に購入することが可能です。