ノロウイルスの感染経路について知る|酸性アルコールによる殺菌効果

次亜塩素酸水の使用

辛そうな人

ノロウイルスというのは、激しい嘔吐といった症状が特徴的な感染症です。自身の家族がノロウイルスに感染した際にはその吐瀉物を処理することになるため、高い殺菌効果を持つ次亜塩素酸水を用意しておくことをお勧めします。

もっと見る

吐瀉物の処理方法

ウイルス

ノロウイルス患者の吐瀉物を処理する際には、使い捨てエプロン・マスク・手袋・ペーパータオルを使用する等、感染予防を徹底した上で処理する必要があります。また、ノロウイルスの除染に高い殺菌効果を持った次亜塩素酸ナトリウムを使用しましょう。

もっと見る

生牡蠣に注意する

女性

冬の味覚といえば「牡蠣」という人は数多くいるかと思いますが、牡蠣が多く食べられる季節というのは「ノロウイルス」が猛威を振るう季節でもあります。なぜなら、牡蠣はノロウイルスの主な感染経路だからです。ただし、牡蠣を食べたら必ず感染するという訳ではありません。問題は、その調理方法にあります。感染する可能性が高い調理方法というのは、生食です。生牡蠣は高確率でノロウイルスに汚染されており、摂取してしまった際にはほぼ確実に感染してしまうでしょう。ただ、充分に加熱することによってノロウイルスを死滅させることが可能です。つまり、しっかりと加熱した牡蠣であれば食べても問題ないということになります。もし、冬場に牡蠣を食べようと考えている人がいればよく加熱するようにしましょう。

牡蠣の生食の他にも、冬場には様々な経路からノロウイルスの感染する可能性があります。特に、接触感染や飛沫感染には注意すべきです。ノロウイルスは非常に感染力が強く、接触感染・飛沫感染によって簡単に感染してしまいます。接触感染を予防するためには、しっかりとした殺菌・消毒が必要になるでしょう。しかし、その殺菌・消毒はインフルエンザウイルスのそれとは異なります。インフルエンザウイルスの殺菌・消毒は基本的に消毒用エタノールで行われますが、消毒用エタノールはノロウイルスに対して効果を発揮しません。ノロウイルスに対しては、酸性アルコールの使用が最適です。もし、ノロウイルスの接触感染を防ぎたいと考えているのであれば、酸性アルコールを用意しましょう。

ジェルの正しい使い方

男の人

ノロウイルスの接触感染を防ぐ対策グッズとして、消毒用酸性エタノール(ジェルタイプ)が挙げられます。消毒用酸性エタノールを帰宅時や食事の前に使用することで、手に付着したノロウイルスを除菌することができるのです。

もっと見る